<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5月最後の火曜日、地方の教育支局で最終報告会がありました。

緊張の面持ちでむかった当日・・・
a0163128_19283934.jpg

1年目の中間報告は小さい部屋に5.6人とこじんまり行った報告会だったのですが、今回はかなり立派!部屋を見た瞬間から緊張を隠せない私・・・
a0163128_19305644.jpg

今回の発表者は、小学校教諭の私と学校保健隊員のりえ、幼児教育隊員のゆっこ。みーんなエルフード隊員!!なので心強く、この日まで任地で励まし合いやってきました。

発表トップバッターはわたくし!フランス語のレベルが超低いので、もぅ元気に発表して乗り越えよう!っと思っていましたが、極度の緊張の為出だしの挨拶で声が小さいと指摘・・・マイク用意されちゃいました。チーン。
a0163128_19342296.jpg

2番手ゆっこ。ゆっこも緊張のあまりみんなの前に立った際に笑いだしてしまいました。
a0163128_19453432.jpg
ラストを飾るのに適した理恵!落ち着きは半端ありませんでした!さすが。
a0163128_19433742.jpg

今回の報告会では、ちゃんと自分の活動先の同僚、各支局の担当者が全員参加し、発表しがいのあるとてもいい環境でした。私の大好きな同僚も参加してくださり、とても心強かったです。2年間やってきた自分の事を評価してもらいたいし、いろいろと意見も聞きたい想いもあったので、たくさんの方に聞いてもらう事ができ、有意義な報告会でありました。
私達の発表を通しいろいろな意見交流ができ、支局の方々が私達の事を忘れ自分たちの意見を言い合ってる場をみて、いい機会だったと思いました。

全員の支局や同僚の先生方が意見し、次は私の同僚の先生の番・・・しかし、俺はいいよ。と意見発表をパス。ちょっとがっくりしました。しかし、本当にこの会が終わる間際に、私に対してみんなの為に手紙を読んでくれました。“エナのお陰で職場のフンイキが良くなった。ありがとう”って感じの内容でした。心から嬉しかったです。

また、ゆっこの同僚の先生は「神様私達に日本人を与えてくれて本当にありがとう!」と日本語でおっしゃって下さり、感動でした。

そんな感じに締めくくった最終報告。ひと山超えました!!!残りは首都の教育省・事務所での発表です。これらもまた頑張らないと帰国できません。でも少し自信がついたので乗り越えれそうです(^v^)

大好きな同僚とアンスぺクター
a0163128_2083796.jpg

[PR]
by enatural5861 | 2012-06-03 20:08
昨日は私の29回目の誕生日でした。ちょうど昨年の誕生日にうちにやってきた、小さなちいさな赤ちゃんネコ。
名前は『都丸』私の第二の都であるエルフ―ド、ここで元気に生まれてきたので名づけました。(ツマル=なつめやしのの原産地でもある)

彼は、もともと以前エルフードに住んでたアユミが飼ってたネコ(はなちゃん)の子ども。3人兄弟の中で一番最後に生まれてきたネコでした。
a0163128_2022247.jpg

飼う際に色々と問題もあって悩みました。でも自分が責任を持ってモロッコにいる間だけ飼うという決断に至り育てる事になった、一匹のネコ。
a0163128_20374433.jpg

彼が来てから、私の生活は180度位変わりました。自分が産んだ子かの様に可愛くて可愛くて、ツマルとはずーと一緒。甘えん坊の性格なので、私がトイレに行く際も、シャワーを浴びてる時も一緒に中まで入ってきたり、もしくは扉の前で待ってたり、私が行くところに付いて回ってました。活動で疲れた時は癒してくれ、寂しい時はいつも傍にいてくれ、彼?親子?みたいな特別な存在でした。ツマルから学んだ事もたくさんあります。
a0163128_2044529.jpg
a0163128_20445319.jpg
a0163128_20444262.jpg

そんな彼と、お別れの時がやってきました。昨年と同じく自分の誕生日に別れを決意し、さよならをしてきました。
(前夜の記念写真セルフ撮り。いつもの様に甘えてくるツマル)ツマルもちょっと勘ずいてたかなぁ?
a0163128_20509100.jpg

a0163128_20523034.jpg

今回ツマルを引き取ってくれるモハメッドさんの家は、エルフードから3キロ離れた村にあります。彼もまたネコを飼っています。
a0163128_20572272.jpg

名前はワルディーちゃん。(お花と言う意味)ワルディちゃん、実は今3児の母なのです・・・。
a0163128_2104755.jpg

ツマルは始めての場所に怯えて物置の下から最後まで出てきませんでした。ワルディーちゃんも子どもを守る為にツマルに威嚇。我が家とは違い、村でモロッコ人家庭という厳しい環境・・・。ツマルごめん。
ネコは3年の恩を3日で忘れる。というコトワザがありますが、私の事なんてすぐに忘れて今ある環境に早く慣れて元気でいてくれる事が私の願いです。

ツマルの生い立ちが分かる様に、モハメッドさんに写真を渡して「ツマルは私の息子なの。大切な息子なの。」と話すと「大切にするからね。」と約束して下さりました。正直ツマルのいない生活に心が折れそうです。

大好きなツマル・・・今まで本当にありがとう!!

今までツマルを可愛がってくれたみなさん、お世話してくれたみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by enatural5861 | 2012-06-02 21:29