<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

どうも。御無沙汰ツマルです!!バカンス中にこんな大きくなりました。あの小さくて可愛かったツマルはどこへ?最近のツマルはわがままでで困っております。トイレで排便しなくなったし、むちゃくちゃ食い意地はってるし、今日なんてパンをキッチンから持ってきて、袋を破ってもぐもぐしてました。しかも隠しておいたのに・・・。そのくせ甘えたで、まだ乳離れできてません。これもう治らないだろ~なぁ。。。
a0163128_6244624.jpg
a0163128_6262429.jpg

◎中間報告の報告◎ですが、一応自分が1年間やってきた事を報告した後、同期教育隊員で体育について、アンケート結果をもとに報告してきました。以前もブログに書いたのですが、モロッコの小学校の教育課程に2012年から必修化されます。でもモロッコの現場の先生はもちろん、教育支局でさえも何の手立てや計画もなくあやふやにされています。で、今回首都のラバトの教育省にて、現場の先生の声を届けたり、教育省的にはどう考えていて、体育必修化についてどの様に進めているのか、調査しましたが・・・・。結果、モロッコの教育を担うトップでさえも、もうそんなプラン放棄していました。というか、私達ボランティアの報告を途中で抜けて帰ってきませんでした。これが現実。いくらボランティアがやる気を出してもこんなもんです。私たち、毎日悩んで活動してても結局・・・っとみんなで肩を落として帰りました。

でもでも、ここで何もしなくなっちゃ負けですよね。と気合いが入ります!!!
今年度は前年度の反省や経験を生かして、自分の出来る事全力で頑張りますよ。今までの私じゃないぞ~~!!っと強気の姿勢です◎なぜなら、新しい助っ人が仲間になってくれたから。ブルキナファソの振り替え隊員のリエ(看護師)が、実は小学校配属で一緒に活動できる様に
なりました。今までやってきた情操教育の分野(図工・音楽・体育)は子どもは楽しんでくれたものの、先生達の協力があまり得られなかったのもあって、新一年生だけ行う事にし、心機一転今年度からは体育を健康教育的なもの、情操教育と関連づけて活動して行きたいと思います。まずは週に1度各学校で体操を習慣づけから!あとは、イロイロと作戦を練ってる段階!!リエと共倒れしないように、がんばります◎乞うご期待~♪
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-29 08:36
バカンスが終わり、支局での中間発表そして首都での教育省発表が終わり、送別会とバタバタと落ち着かない日々をすごしておりました。その為活動も腰を据えられず焦りが募ります。あと9カ月のモロッコ生活、活動でやりたい事がたくさん、でも来週からまた首都へ上京し1週間の語学補間研修がスタートするというこの状況・・・もどかしすぎます(>_<)

近況報告なのですが・・・Erfoudで姉妹の様に一緒に過ごしたアユミが今日2年間の任期を終え帰国しました。先日涙涙のお別れをしてきました。(私だけ大泣きしてた・・・)
a0163128_2162073.jpg

Erfoudですごした3人の思い出は一生の宝もの。最後に一緒に行った砂漠・・・。
a0163128_20454828.jpg
a0163128_20462979.jpg

a0163128_20475953.jpg

a0163128_20583071.jpg
a0163128_20585140.jpg
a0163128_2049762.jpg

本当の姉妹みたいになれたね~。離れててもずっと一緒やで~~!!いろいろありがとね!あゆみ♡
a0163128_212711.jpg



出逢いがあれば別れがあります。実はあゆみが帰る1週間前に、同任地にニジェールの振り替えでErfoudに看護師隊員りえがやってきました。
a0163128_21104535.jpg

彼女とは、これから小学校で一緒に活動していく仲間です。りえ、よろしくね!!
a0163128_21115515.jpg


他に才能も運もないけど、人脈だけは恵まれてる私・・・。出逢いに心から感謝◎
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-26 21:23
ラ・トマティーナは、スペインバレンシア州の街、ブニョールで8月の最終水曜日に行われる収穫祭。別名「トマト祭り」祭りの間だけは、世界中から街の人口の倍以上の人が集まり、互いに熟したトマトをぶつけ合う。私たちは、この珍しい祭りに去年から参加を決めていた。
朝、5時に起きツアーバスに乗り込みブニョールへ・・・。ツアーバスもかなりの人が予約していて、約16台程のバスが用意されていた。気の弱い私達順番をどんどん抜かされ、日本人は最後までバスに乗れず、臨時のバスに乗った。1時間もしないうちに、到着!!このツアーバスサングリアが一杯ついているはずなのに、最後に着いた私達の分が売り切れてナイ・・・。今思うといろいろ腹が立ってきたが、まぁこの後、ちゃんとトマト祭りに参加できたので、許そう!!
a0163128_0505360.jpg

町中お祭りさわぎ!世界中からいろんな人が集まっていて、日本人もたーくさんいました。
a0163128_0521287.jpg

起源については、野菜売りのスタンド前での喧嘩でトマトを投げ合った、住人同士での階級闘争、パレードでトマトが一斉に投げられた、町政に不満を持つ住人が、町の祝賀会で町の議員に向けてトマトを投げつけた、戦争が終わってこんなに真っ赤になっても死なないぞというメッセージがあるそうだ。
a0163128_151826.jpg

3時間以上前についた私たち。ひたすら人混みにもみくちゃにされ、待っていたら人の多さにみんなバラバラに・・・私は絶対1人になりたくない!ゆっこの手をがっしり握っていました。結果私達2人は離れずにすみ、男性陣アオ・フミも一緒にいてくれました。午前11時、トマト投げを告げる号砲の音が鳴り開始しましたが、なんじゃこりゃ?!トマトが数個上を飛んでるだけでした。こんなもんなのか?!とがっくし・・・。でもその後・・・トマトが積み込まれたトラックが現れてからが本番!
a0163128_16024.jpg

a0163128_165186.jpg

祭り中写真を撮っていたアオに拍手。
a0163128_172027.jpg
a0163128_175062.jpg
a0163128_181520.jpg
a0163128_110436.jpg

他の人の行方が分からなくなったけど、アキとダバは一緒だったみたい...。
a0163128_1103741.jpg
a0163128_111550.jpg

トマトの海です。
a0163128_1132834.jpg

1時間で終了・・・
私達4人は無事でした。
a0163128_115636.jpg

待ち合わせ場所に行く途中、とみけんに会い、アキ・ダバも着いていました。
a0163128_1184311.jpg

a0163128_1194074.jpg

幸子と春奈は迷ったらしくて少し時間がかかりましたが、無事到着。トマトまみれで臭い私たち、どこか誇らしげでした!!?怪我をせずに無事帰還した戦士達に拍手。
a0163128_1231047.jpg

もう一生行くことはないでしょう。
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-17 01:24
今回の旅の後半は、オレンジで有名なバレンシアへ足を延ばしました。オレンジが有名なだけに、駅の構内のタイルや外観の壁画モチーフもオレンジ!
a0163128_234211.jpg

a0163128_22531825.jpg

ここで女3人旅も終了!同期のメンバーと合流です。バレンシアではみんなで3日間宿泊。そしてメインイベントのトマト祭りに参加する為あらかじめ、アパートメントタイプのホテルを予約していました。
a0163128_22563638.jpg

a0163128_2257862.jpg
a0163128_237037.jpg

早速、食糧を買い出しがてら、周辺を散策~♪
a0163128_2355078.jpg

公園内を歩いていると、ひらひらひら~と奇麗なお花がおちてきました。
a0163128_239189.jpg

その木を見てみると、花の綺麗さに反し木はこんなにトゲトゲ。
a0163128_2394019.jpg

これは“トックリキワタ”という木で葵科。原産地は南米ブラジル~アルゼンチンスペイン語でPalo borracho(パラボラチョ)(酔いどれの木)とも呼ばれているそうです。幹がとっくりの形に見えること、樹の幹が膨らんで、酔っぱらいの腹のように見えることに説あるようです。奇麗な花にはトゲがある。奇麗な女性も手を出しずらいものですよね。ちょっとツンツンしたら私ももてるかしら(-。-)
a0163128_23272778.jpg

ゆっこ・はるな・なかやんもマドリッドから無事到着!!
a0163128_028103.jpg

翌日2日目は、観光日!!
a0163128_23322699.jpg

人数があまりにも多い為くじ引きでチームを結成。それぞれリーダも選出しミッションをクリアしないといけないというアトラクションつき。
チームA
★ミッション⇒夕食の買い出し
★リーダー⇒最年少フミ(トマト祭りの為に観光中に買った水中メガネ。こんなリーダについて行って大丈夫なのか心配が募りますが・・・)
a0163128_23402078.jpg

フミ率いるメンバーたち。
a0163128_23391084.jpg

チームB
★ミッション⇒トマト祭りのバス予約
★リーダー⇒アオ(食べ物に目がないアオ。おいしいものだらけの町で、目が眩まず先に進む事ができるのか・・・)
a0163128_23483729.jpg

アオ率いるメンバーたち。
a0163128_23505022.jpg

結果から言いますと、チームAちゃんと最大のミッションはクリア―しました。
a0163128_23583786.jpg

でも、観光スポットに入れなかったり、自転車に乗れなかったりグダグダでした。何をしてたかというと、食べて飲んでましたねぇ~
a0163128_083971.jpg

乗れなかった自転車・・・
a0163128_03521.jpg
a0163128_04372.jpg

a0163128_023054.jpg

a0163128_054297.jpg

a0163128_0115678.jpg

一方、Bチームは、バリバリ観光してるのか?と思いきや・・・観光するふりして・・・
a0163128_0151852.jpg

食べて飲んでましたね。
a0163128_0155282.jpg

しかも、ばったり会った違う隊次メンバーも率いちゃって。
a0163128_0164737.jpg
a0163128_0215234.jpg

ホテルに戻っる時刻は16時と決められたにも関わらず、2時間の遅刻のBチーム!帰ってきてみんなお揃いのサングラスをかけ「ごめ~んね」だってさ(-。-)y-゜゜゜ばーか!みんなバカだから許そう~夜の宴のはじまりー♪
a0163128_0245759.jpg

a0163128_0254570.jpg
a0163128_0261531.jpg
a0163128_0264715.jpg

チャンチャン。次回はいよいよトマト祭りに行っちゃいます!
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-15 00:32
バルセロナの旅では、ユースのドミで4日間宿泊して・・・
a0163128_22511992.jpg

日本人宿「チキート」で3日間宿泊しました。
a0163128_2249463.jpg

さすが日本人宿。3日間だったけど、夜はみんなで飲んだり、話をして楽しい一時をすごす事ができました。2日目の夜は一人の彼がチョコレート博物館にいってお土産を買ってきて下さり、おいしーーーいチョコをいただきました。彼はフランスのミシェラン5星レストランのシェフです◎
a0163128_22582650.jpg
a0163128_22584756.jpg

チキートの仲間とお別れの朝
a0163128_22514265.jpg

その後モロッコに帰ってきて1週間・・・現在チキートで出会った旅友が我が家に来ています。彼女らは大学のサークルの先輩と後輩の関係で、只今世界1周中!!マルハバモロッコ!!
a0163128_2324840.jpg

旅は出会いがつきものですね。
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-13 23:05
夏と言えば海!!タラゴナという地中海に面する町で3日間のんびりすごしました。タラゴナは紀元前3世紀にローマ人によって築かれ、イベリア半島最大の都市として栄えた歴史ある町。のんびりとした空気が流れ大都市のバルセロナの旅の疲れを癒してくれる町でした。
a0163128_2220860.jpg

a0163128_22481317.jpg

a0163128_22344694.jpg
a0163128_22571490.jpg

a0163128_22351175.jpg

a0163128_2239174.jpg

a0163128_22361516.jpg

a0163128_22363565.jpg

海水浴へ~♪
a0163128_22194782.jpg

a0163128_22222465.jpg
a0163128_22225426.jpg

ビーチで読書とビールを楽しみました♪
a0163128_22234798.jpg

a0163128_2241528.jpg

a0163128_2224515.jpg

実はこのビーチ、ヌーディストビーチで女の人はトップレスばかり!はじめての光景に女ながら驚きを隠せませんでしたが、私も解放感に導かれいつのまにか脱いでいました・・・。水着1枚脱ぐだけでこんなにも気持ちいいとは思いもよりませんでした。幸子とダバもこの解放感を共有してもらいたくて誘ってみましたが、笑っているだけで、脱ぐことはありませんでした・・・(+o+)
a0163128_22564120.jpg

a0163128_22341793.jpg

a0163128_22592764.jpg
a0163128_22594773.jpg
a0163128_2306100.jpg

このタラゴナではホントのんびりできて、昼から部屋でワインをあけそのまま爆睡したり、ホテルのプールで遊んだり、町並みを散歩したり最高の3日間でした。
イェイ♪
a0163128_2246869.jpg

[PR]
by enatural5861 | 2011-09-11 23:01
ピカソのゲルニカを見に、マドリッドにあるソフィア芸術センターに足を運んだと以前のブログにUPしましたが・・・
a0163128_21152163.jpg
ココも面白いところでした。ダリ・ミロ・タピエスの作品も集められていまっしたが、現代美術の企画展も見どころです。
a0163128_2115492.jpg
a0163128_21162620.jpg
a0163128_21164840.jpg
a0163128_21171342.jpg
a0163128_21173822.jpg
a0163128_2118594.jpg
a0163128_21183473.jpg
a0163128_21185913.jpg
a0163128_21193113.jpg

中でも、今回は偶然にも日本のアーティスト草間さんの個展が開かれていました。
  ◎草間彌生◎
a0163128_21243226.jpg

長野県松本市生まれの彫刻・小説・画家で、絵画の画面や彫刻の表面のみならず、見る者の視界を覆い尽くさんばかりの水玉のモチーフを使うことが特徴。合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。またファッションデザインや小説執筆などの活動も行っているそうだ。彼女の作品との出会いは、一昨年、訪れた直島。かぼちゃのオブジェの前で記念撮影を撮った。これがその時の写真。生憎の雨。
a0163128_2133736.jpg

彼女の写真集だけを見て、をフォトグラファーだと勝手に思い込んでいた私・・・。全然違いました。どんどん草間ワールドへ引き込まれていきます。
a0163128_21352142.jpg
a0163128_21353937.jpg
a0163128_21355870.jpg
a0163128_21361674.jpg
a0163128_21363520.jpg
a0163128_21365490.jpg
a0163128_21371375.jpg

a0163128_21382492.jpg
a0163128_21384299.jpg
a0163128_21385924.jpg
a0163128_21404690.jpg

彼女は少女時代より統合失調症を病み、繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れるために、それら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始め、彼女は現在に至るまでドットをモチーフに制作する事が多い(ドット・ペインティング)、これは耳なし芳一が幽霊から身を守るために全身に経で埋め尽くした様に、彼女が恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、作品全体をドットで埋め尽くす儀式であるそうだ。
a0163128_21493366.jpg

まさか、ここスペインで草間さんの作品に出会うとは思ってなかった。でも、草間さんの作品を見ていると、スペインの芸術者と並んでいてもおかしくなく、スペインのソフィア美術館に似合っていて、なるほどね~。って感じでした。
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-11 21:55
私たちのアートの旅はまだまだ続きます。
a0163128_2055451.jpg

バルセロナ観光7日目に訪れたのが。1929年の万博を機に開発され、1992年のバルセロナオリンピックのメイン会場となったモンジュイックの丘の上に建つ
Museu Nacional d'Art de Catalunya
へ足を運んできました。
a0163128_2071441.jpg
a0163128_2074113.jpg

カタルーニャ美術館はロマネスク・ゴシック・ボルネミッサコレクション・近代美術の展示室と別れていて、ロマネスク美術品が世界有数のコレクションを誇り、ピレネー山峰各地に点在する小聖堂から集められた壁画が展示されている。(ロマネスクというのは、ローマ風といった意味で19世紀以後の美術史の用語で使われているそうです。)
a0163128_20133553.jpg
a0163128_20135549.jpg
a0163128_20141366.jpg

壁画のを鑑賞を美術館でした事がなかった為、すごく感動しました。なんといっても、見せ方が素敵なこの美術館、とっても見やすかったー。
あと、この美術館は、今までフランスで観てきた宗教画とはタッチが違い、とても面白くて飽きなかった。
a0163128_20222483.jpg

a0163128_20294474.jpg
a0163128_2030473.jpg
a0163128_20303372.jpg
a0163128_20414926.jpg

祭壇画も迫力満点◎
a0163128_20311414.jpg

近代美術作品も可愛かったよ~。ミロやピカソ・ガウディの作品なども展示されていました。
a0163128_20391919.jpg
a0163128_2039427.jpg
a0163128_20401193.jpg
a0163128_20403497.jpg

ここはまた、一人でゆ~くり来たいなと思いました。
a0163128_20431727.jpg

[PR]
by enatural5861 | 2011-09-11 20:44
次は奇才変人な
『サルバトール・ダリ』
a0163128_21412953.jpg

2007年に大阪の天保山サントリーミュージアムで生誕100周年記念、ダリ展に幼馴染の由梨子と行った事があり、ダリのいくつかの作品は観た事があった。その時にフェゲラスの劇場美術館の様子をフィルムで観て感銘を受けた事を覚えている。なんだか必然的な運命を感じながらも、彼の故郷“Figueres”を訪ねてきました。
a0163128_21494919.jpg

バルセロナから私鉄renfeに乗り約2時間の道のり。
a0163128_2144016.jpg

Teatore-museuDali
a0163128_224595.jpg
a0163128_2252624.jpg
a0163128_2255438.jpg
a0163128_2261883.jpg

現代美術や、芸大生の作品の様なオブジェがたくさん。とてもこの時代に生きてたとは思えない作品ばかりでした。(1904~1989年)
a0163128_2264373.jpg
a0163128_227240.jpg
a0163128_2273899.jpg
a0163128_2285465.jpg

ダリのお馴染みこの髭は水あめで固めてたという・・・
a0163128_2292344.jpg

おぼっちゃま育ちのダリは、自称天才として数々の作品を生み出してきたらしい。エピソードとして・・・自己顕示的で奇妙な言動は多く、講演会で潜水服を着て登壇したはいいが、酸素供給が上手くいかずに死にかけたことがある(1936年、ロンドン)。象に乗って凱旋門を訪れたり、また「リーゼントヘア」と称してフランスパンを頭に括りつけて取材陣の前に登場するなど、マスコミに多くのネタを提供した。しかし、こうした人気取りとも思える一連の行為は同時代の画家達の顰蹙も買った。また政治的な意味での奇行には、パブロ・ピカソら同時代の芸術家たちからも大きな反感を買っていた(ピカソには『フランコの夢と嘘』などの作品がある)独裁者フランシスコ・フランコを公然と支持したことなどがある。実際にはダリは根っからの奇人というわけではなく、本当に親しい友人の前では非常に繊細で気の行き届いた常識人だったとされている。「アート」は現実世界と対峙するための鎧のような物であり、顕示される自己が必ずしもダリ本人そのものではないことは重要である。とウィキペディアに記載されていた・・・。おもしろいの一言!
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-10 22:30
続きましては・・・
『パブロ・ピカソ』
a0163128_20145575.jpg

有名なピカソもスペイン生まれ!!彼の作品は13500点、油絵・素絵・彫刻・陶芸・版画などギネスブックにも記載されているらしく、美術に対して生涯をかけてきた事が分かった。
彼の作品は旅の3日目バルセロナ、ピカソ美術館
a0163128_2021952.jpg

そして帰国2日前にマドリッドにあるソフィア王妃芸術センターにて鑑賞してきました。
a0163128_20214155.jpg

有名な「ゲル二カ」を見たのは、中学校の玄関ホール。中学生だった私は美術部の描いた大きな奇妙な絵に圧倒された事だけ覚えていて、月日は流れていました。あの頃はまさか本物を見るとは思わなかっただろうに、本物の作品を目の前にして不思議な感じでした。ゲルニカとはスペインのバスク自治州ビスカヤ県の都市の事で、内戦時にドイツから空襲を受けた地域で、その悲惨な様子をこの絵で表現したそうだ。一緒に観賞しに行った同期の青山氏は、この絵の一輪の花に着目していた。それを聞いてもう一度確認し平和主義だったピカソの絵に更に感動した。
a0163128_20344136.jpg

戦争と平和
a0163128_20553965.jpg

a0163128_2029598.jpg

自画像
a0163128_21154949.jpg

購入したポストカードたち♡
a0163128_21182638.jpg

a0163128_21185491.jpg

何も知らない私はピカソの作品はキュービ二ズムな作品ばかりと思っていた。でも彼の作品を見ていると、そうではなく美術というものを追求したのち、辿りついたキュビ二ズムな技法だった。ピカソさんすごい。世界のピカソでした。
[PR]
by enatural5861 | 2011-09-10 21:21